漢方薬剤師 荒川充洋の健康みみブクロ

アクセスカウンタ

zoom RSS 怒られたと叱られた。

<<   作成日時 : 2017/07/05 16:05   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「怒られたと叱られた」は違います。受け手には、怒鳴られた・怒られた・嫌な思いをさせられた。嫌な感情だけが残るかも知れません。しかし、「叱られた」には相手への思いやりと愛情があります。「怒られた」は自分のしくじりを攻撃されたという負の感情のダメージが残ります。
当店のお得意様の奥様が血糖が高いので、近所の医者へかかって検査したところ血糖値が210以上あり、医者から「何でこんなになるまでほおっておいたんだ」と怒られたと言っていたそうで、私はご主人に、それは違います、ドクターは今治療をすれば治せる見込みがあるから患者にきつく言っただけで、親兄弟親戚縁者でもない赤の他人の患者に怒鳴り散らして怒っていたら患者は逃げて行ってしまうでしょう。これはドクターが親身になって叱ってくれたのですよ。
医者が「何でも好きなことしてもいいですよ」と云ったら此れはもうサジを投げて勝手にやってよ、と云う意味で、もう手遅れだという意味なんですよ。御主人に解説してあげました。
みなさんは、優しい言葉でおべんちゃらを云うドクターと、きつく叱ってくれる耳が痛いドクターとどちらのドクターに身を委ねますか。
今日咲いた花は南国のピンク色の「ハイビスカス」です。窓辺の鉢植えから今年も咲きました。元気が出る花です。
画像
画像

にほんブログ村 健康ブログへ

にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
怒られたと叱られた。 漢方薬剤師 荒川充洋の健康みみブクロ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる