方術の玉手箱其の七十六が出来ました。後編

不眠の漢方の五行分類 1.水(腎) 寒くて寒くて、どうしても眠れない、足腰が冷える人は少陰腎経の冷えで恐れ驚きやすくなります。「霊鹿参」+「真武湯」又は「桂枝加朮附湯」を、眠りが浅くうつらうつら夢を見る人は「霊鹿参」+「桂枝加龍骨牡蠣湯」を用います。胃の冷えから来る不眠は「複方霊黄参丸」+「人参湯」を用います。脳の冷えから来る不眠は…
コメント:0

続きを読むread more

方術の玉手箱其の七十六が出来ました。前篇

陰陽の狭間の不眠 膝の痛みや神経痛でロキソニンなどの痛み止めを連用している人は、解熱鎮痛剤(解熱+鎮痛)の副作用で体温(平熱)が下がっているので明け方2時から3時頃に痛みで目が覚めてしまいます。日の出前の艮うしとらの刻(丑寅)は陰中の陽の厥陰経が支配する時間で、陰が尽きて陽が入れ替わる極めて不安定な時間帯です。 一日を十二等分した時…
コメント:0

続きを読むread more

方術の玉手箱其の七十五が出来ました。後編

睡眠は人間の本能であり東洋思想の五行では水に配当されます。十二支では子の刻に配当されるので23時前に就寝すると良いです。「寝る子は育つ」と云われているように成長ホルモンは真夜中(子の刻)に分泌されますから子供は21時に就寝して6時起床の早寝早起き9時間睡眠が推奨されますが、高齢者はホルモンも枯渇してくるので睡眠時間も短くなってきます、こ…
コメント:0

続きを読むread more

方術の玉手箱其の七十五が出来ました。前篇

不眠症の分類と原因  現代人は様々な不安やストレスからグッスリ眠れないという不眠症の人が増えてきております。 不眠症の症状は次の4つに分類できます。 1. 入眠障害(寝つきが悪くなる) 2. 中途覚醒(入眠した後、何度も目が覚める) 3. 早朝覚醒(明け方に目覚めてしまう) 4. 熟眠障害(グッスリ熟睡できない) 不眠症の…
コメント:0

続きを読むread more

方術の玉手箱其の七十四が出来ました。後編

良質な睡眠の為の養生と漢方 人間の自律神経は交感神経と副交感神経に支配されております。体や筋肉を動かす交感神経は昼間の神経と呼ばれ、身体や内臓を休める副交感神経は夜の神経と呼ばれております。ですから昔の人は日の出に起きて昼間は働き夜になって安息して就寝します。現代人は仕事帰りの夜にジムで筋トレしたりランニングで筋肉を働かせ交感神経を興…
コメント:0

続きを読むread more

方術の玉手箱其の七十四が出来ました。

高齢者の精神へのテレビの影響 高齢者程テレビを見てる時間が多いと言われており、七十歳以上は平均七時間以上テレビを視聴しているというデータもあります。高齢者は認知機能が低下してきていて、理性的や合理的思考よりも喜怒哀楽の感情が前面に出てくる傾向があります。そしてテレビに見入ることで感情がテレビの場面に没入してバーチャル的に場面と同化して…
コメント:0

続きを読むread more

方術の玉手箱其の七十三が出来ました。後編

心の病と血気少・心気不足 血虚の漢方薬を問えば、多数の処方が列挙されますが、精神疾患などの症状が血虚や心虚から起こされている事があります。 金匱要略の五藏風寒癪聚病ごぞうふうかんしゃくじゅびょうに、「邪哭使魂魄不安者血氣少也 血氣少者屬於心 心氣虚者其人則畏合目欲眠 夢遠行而精神離散魂魄妄行 陰氣衰者為癲 陽氣衰者為狂」。とあります…
コメント:0

続きを読むread more

方術の玉手箱其の七十三が出来ました。前篇

現代医学と心の病 細菌やウィルスなどの伝染性の病気を除けば、不安や恐怖など過剰な心配が「病は気から」と云われるように病気を助長させることがあります。現代医学の考えでは、心の病は動物などには無く思考を持った人間のみが罹る病で成長の過程で悲惨な状況に陥ったり、つらいストレスに晒されたりして精神的に追いつめられて、心の逃げ場所が無くなると心…
コメント:0

続きを読むread more

方術の玉手箱其の七十二が出来ました。後編

流産防止と安胎の漢方 妊娠判定試薬を使うことで、受胎直後すぐに妊娠が判定できます。受胎直後からは高温期の体温が続きますが、二日目、三日目と急に体温が降下して不正出血が現れる人は早期流産の兆候です。流産を防ぐには、金匱要略の婦人妊娠病の「妊娠養胎白朮散主之」から白朮散0.5gを酒服させます。また胎盤製剤やニンニク製剤や牛骨粉カルシウム剤…
コメント:0

続きを読むread more

方術の玉手箱其の七十二が出来ました。前篇

子宝と漢方 下編 三、女子の胎盤機能不全の原因と漢方療法 妊活は妊娠することがゴールではなく、十月十日経って無事に安産で元気で「健康な新生児」を得て子供がすくすく成長することが最終ゴールです。「健康な子供」を得るには、元気な精子・優秀な卵子・豊潤な胎盤の三つの組み合わせが必要で、ヘロヘロ精子・ヨレヨレ卵子・スカスカ胎盤では子作りも成…
コメント:0

続きを読むread more

朴庵塾セミナー初級教室に講義に出かけました。

3月8日は上京して朴庵塾セミナー初級講座10講目を行いました。新型コロナウィルス騒動で開催も厳戒態勢で参加者と講師もマスク着用で入室時には手指の消毒と出入口は常時開放で150分の講義の間に3回の休憩を取り消毒をします。受講者が少なかったので2メートル以上開けて着席して講義を進めました。初めの30分は新型コロナウィルスに対しての消毒法やマ…
コメント:0

続きを読むread more

方術の玉手箱其の七十一が出来ました。後編

排卵痛と漢方 婦人の健康を調べるに方法として「基礎体温表」を記入する方法があります。月経周期が標準的な28日型として「卵胞期(卵胞ホルモン分泌)」が14日、「黄体期(黄体ホルモン分泌)」が14日で卵胞期から黄体期に移行する期間が「排卵期」で、着床しなかった子宮内膜が剥がれ落ちて排出されるのが月経です。妊活の婦人は基礎体温に問題がある人…
コメント:0

続きを読むread more

方術の玉手箱其の七十一が出来ました。

子宝と漢方 中編 二、女子の卵子機能不全の原因と漢方療法 卵子機能不全とは「卵子の老化」を云います。卵子老化とは「卵子の数が減少」、「卵子の質が低下」する事です。 漢方の古典「黄帝内経素問こうていだいけいそもん」には女は七の倍数、男は八の倍数とあります。 女の七才は、乳歯が永久歯に生え変わる。 女の十四才は、初潮を迎える。 …
コメント:0

続きを読むread more

朴庵塾セミナー初級教室で講義をしました

2月9日、上京して四谷三丁目の丸正ビルで朴庵塾セミナーの初級教室の講義に出かけました。今回は世間を不安に陥れている武漢肺炎の新型コロナウィルスの対処法を前振りで30分ほど解説しました。2019-nCovというのが昨年の名称で、感染力がとても強く致死率が2%で現代中国の感染者数は2万人を超える勢いです。感染は1週間で2倍のスピードで勢いを…
コメント:0

続きを読むread more

方術の玉手箱其の七十が出来ました。後編

一、男子の精子機能不全の原因と漢方療法 現代では生活環境や職場環境などが急激に変化して来ており、男子の造精子機能にもその影響が及んできました。例えばエンジニアは椅子に座って長時間パソコンの画面を見続けるために、素問に書かれた五労ごろうの「久視きゅうし」と「久座きゅうざ」の影響を受けます。五労(長時間一定の作業を続けたために起る五種の傷…
コメント:0

続きを読むread more

方術の玉手箱其の七十が出来ました。前篇

今回は子宝漢方について記述しました。 子宝と漢方 上編 少子高齢化は人類の存亡の危機です。通常ならば結婚すれば、すぐ子宝に恵まれますが5年経っても出来ないと、あせったり不安になって妊活に走ります。妊活には様々な方法がありますが、不妊の原因は次の三つに大別されます。 1. 男子の精子機能不全 2. 女子の卵子機能不全 3. 女子…
コメント:0

続きを読むread more

方術信和会の新年会で講演しました。

1月13日、上野精養軒で方術信和会の新年会で「庚子 金運大過」の解説をしました。後半は北里大学名誉教授の山田陽城先生の講演を聞きました。今年は210年(30年×7)毎に起る、一大転換の年です。一言で云へば「天下大乱の年」に当ります。運気は2月立春を過ぎてからなのですが、もう既に予兆が動き出していて、中東情勢のトランプ対イランなど世界情勢…
コメント:0

続きを読むread more

朴庵塾セミナーの講義に出かけました。

1月12日、四谷三丁目駅前の丸正ビル6Fのワイム会議室で令和二年最初の朴庵塾セミナー初級の講義に出かけました。 今回は、山梔子・柴胡・栝樓根・栝樓實の解説をしました。柴胡の証がある人は柴胡の体臭がするとか、小柴胡湯の主證と客証の違いから、 加減法の解説をしました。
コメント:0

続きを読むread more

往く年くる年

「往く年くる年」 今年も残す所あとわずかになりました。自分が生きている内に「平成の御代替わり」と「令和の御代替わり」を迎えることが出来大変喜ばしい事でした。「亥年」が去り「子年」がやって来ます。令和二年は「庚(かのえ)子(ね)」です。庚は五行で金の兄です。子は五行の水に配当されます。庚(かのえ)は音読みで「こう」です。庚(こう)更(こ…
コメント:0

続きを読むread more

方術の玉手箱其の六十九が出来ました。後編

抗がん剤の副作用と漢方 抗がん剤は、がん細胞の細胞分裂を阻害して効果を発揮するので、人体の正常な細胞分裂まで阻害してしまいます。この為、代謝の早い新生細胞で出来ている、口腔粘膜・消化管粘膜・小腸絨毛・大腸粘膜・骨髄・毛母細胞などが特に副作用を受け易く、味覚鈍麻・口内炎・下痢・軟便、毛髪の脱落・爪の黒化などのツライ副作用に苛さいなまされ…
コメント:0

続きを読むread more