アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
漢方薬剤師 荒川充洋の健康みみブクロ
ブログ紹介
漢方薬から処方箋薬、OTC薬、健康食品、サプリメント、化粧品、ダイエット、体質改善食事療法、など健康と美容に役立つ情報を,薬剤師の目と耳で集めて記事にした、「21世紀健康情報発信基地」を目指します。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
甘草の修治をしました。
甘草の修治をしました。 甘草の修治をしました。 当店では、店主自ら漢方薬の修治をします。特に甘草に関してはガスの直火で周囲の皮を焦がすように炙り熱いうちに片手盤で片制と呼ばれる切片に薄く切ります。この棒状の甘草は規格が1号よりもサイズが上で、機械で切る穴から入らないので規格外となって流通しますが、特大の甘草を炙り手切りで丹念に造ります。 甘草を炙る理由は様々ありますが、殺菌消毒や虫や虫の卵などを焼き殺すなどや、炙ることで軟らかくなり切りやすくなるや、成分の生臭さが取れて味があっさりするなどの効果が期待できます。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/15 17:24
小学校の環境検査に出かけました。
小学校の環境検査に出かけました。 小学校の環境検査に出かけました。 市内のN小学校へ教室の環境検査に出かけました。教室内の机の上と黒板の照度検査、教室内5か所の気流・温度・湿度の測定、二酸化炭素濃度・一酸化炭素濃度測定とを6年生と3年生の2クラスで検査しました。 今年は「一白水星中宮」で五行の水に配当されるので、寒い冬で雪が多いのが予測され、ストーブの使用も例年よりも2〜3週間早めに使用されております。検査終了後には保健室で薬品の在庫管理や今季はインフルエンザが大流行の予兆があるので、この学校は在校生が320名と多いので、集... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/14 16:45
薬物乱用防止教室の講義をしました。
薬物乱用防止教室の講義をしました。 12月12日、市内の西地区にある中里中学校で「薬物乱用防止教室」の講義をしました。 対象者は1年から3年生まで全学年22名の参加で行われました。薬物乱用とは麻薬・覚せい剤・危険ドラッグ、など、 反社会的なドラッグで、医療用の医薬品を善とすれば、犯罪社会を増長させる「悪魔の薬」と云えます。 中学生くらいでは、危険薬物や禁止薬物などの知識はありませんが、悪の誘惑の声がかかる前に、その誘惑を断ち切る対処法などを教えます。ニュースなどの犯罪で話題になる事もありますが、何故いけないのか・それをすると... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 17:34
朴庵塾セミナー12月の講義に出かけました。
朴庵塾セミナー12月の講義に出かけました。 12月10日。朴庵塾セミナー12月の講義に出かけました。 麹町の剛同開館前の銀杏並木は黄色に紅葉してすっかり冬の雰囲気です。 今回の講義は、先月23日の神農祭で湯島聖堂の大成殿の屋根の上に乗っている「鬼\頭」と「鬼龍子」の謂れと、 養生法の基本と不妊症などで妊活中の方は陰の時間帯には就寝する事。拠る時になったら眠る事が基礎体温のグラフを正常化させる王道の養生法です。という事や、冬至の意味「冬至とは冬が至(きわま)る」という事で陰の極みです。この日を境に陽が伸びて来るので「一陽来復」といって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 18:13
静岡へ漢方や陰陽五行の講演に出かけました。
静岡へ漢方や陰陽五行の講演に出かけました。 12月3日は、静岡市まで静岡伝統生薬研究会の講演に出かけました。東京駅から新幹線で1時間丁度お昼ごろ到着して、駅中でお寿司を戴いて午後二時から講演です。陰陽五行の基本から、冬至と夏至、春分秋分の二至二分と立春・立夏・立秋・立冬の四立を合せて八節となります。この節前の18日間を土用として四時が72度+土用18度、計90度の4倍で総計360度となり一年の四時の循環が繰り返されます。この四時と土用を合せて、五行となります。五行は「木火土金水」と五角形で表示されますが、方位を正確に表示できません。此れを... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/04 17:18
茨城伝統生薬研究会で講演しました。
茨城伝統生薬研究会で講演しました。 11月26日は水戸市内にあるプレジデントホテルで茨城伝統生薬研究会で講演しました。 五行を春夏秋冬の四時と東南西北の四方を合せます、これで四時の時間と東南西北の空間が合致します。 従来から云われている五行は正五角形の木火土金水の相生と水火金木土の相剋を説明しただけで、方位も四時も、 全く考慮しておりません。五行の本質は「時間と空間の合致」なのです。これを踏まえて、ニ十四節気を外周に廻らせ冬至夏至の二至と春分・秋分の二分とこれに45度でクロスする、立春・立夏・立秋・立冬の四立を加えて八節と呼... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/27 16:12
神農祭に参加しました。
神農祭に参加しました。 11月23日、御茶ノ水にある湯島聖堂で神農祭が午後1時30分より、神田神社の神官によって執り行われました。 年に一度の御開帳日で神農に縁のある人たちが参列してお参りをしました。神農は医薬と商売の神様で「神農は、毎日、吐いたり下したり」と江戸の川柳にあるように、百草を嘗め、百毒に中り、吐いたり下したりと自分で人体実験をして、生薬の気味藥能を調べたという伝説の神様です。人身牛頭といった顔立ちで頭には牛の角を生やしており、薬草を嘗めている座像が渡来して、明治天皇より下賜された神農像が浅田宗伯・木村博... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/24 16:05
ひたち漢方研究会で講義をしました。
ひたち漢方研究会で講義をしました。 11月18日、土曜日、日立市教育プラザで、ひたち漢方研究会で講義をしました。 今回は「方術の玉手箱其の四十四」から下顎は不思議な組織と云う題で、口を開けて物を噛む動作は、下側の顎の動きだけで、上顎は頭蓋骨に固定されているので、どんなに頑張っても、上顎を動かして物を噛むことは出来ない事を説明しました。これを易経の「山雷頤」という卦から上卦の艮は山で止める、下卦の震は雷で動くと云う意味で、下卦の雷の下側の陽爻は下顎を上側の艮の陽爻は上顎を間にある四本の陰爻は上下の歯列に配当されます。 また肉親の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/21 17:58
五行曼荼羅図が出来ました。
五行曼荼羅図が出来ました。 五行曼荼羅図が出来ました。 昨年三月に上梓された拙著の小冊子「陰陽五行思想と五臓の関係〜複方霊黄参丸の妙意」の本文中に掲載された「五行曼荼羅図」が五行の青・赤・白・黒・黄の五色に色彩され大きなポスターとなってリニューアルされました。 五行といへば、正五角形の矢印の相生・相剋の図が大半ですが、いずれも四時と方位がバラバラです。 これを、一年の円図に展開して、冬至・夏至と春分・秋分の二至二分と立春・立夏・立秋・立冬の四立を合せて八節とし、二十四節気を入れて、節気・中気を入れ、孟・仲・季を入れ、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/18 15:08
朴庵塾セミナーの講義に出かけました。
朴庵塾セミナーの講義に出かけました。 朴庵塾セミナーの講義に出かけました。 11月12日、さわやjかな秋晴れの中、麹町の剛堂会館で朴庵塾セミナーの初級教室の午後の部が担当です。 今回は、生薬の半夏・黄連・黄芩の気味藥能の解説と、神農本経の解説、薬徴の解説、ボク曰の解説をしました。 「白朮・茯苓」の組み合わせや「黄連・黄芩」の組み合わせの二味薬徴の考え方に拘ると、その線引きした範囲の壁から思考が広がることが出来なくなったりするので、壁を取り去って広く自由な考えが出来るように解説をしました。 例えば「... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/13 17:58
方術の玉手箱其の四十四が出来ました。
方術の玉手箱其の四十四が出来ました。 方術の玉手箱其の四十四が出来ました。 今月号は、あごの話です。専門の歯科医師から見ても下顎は不思議な組織と云われております。上顎は歯牙が頭蓋骨に釘植され歯列をなし、下顎も歯牙が釘植され歯列をなしております。顎関節は頭部にある唯一の関節で、口を開いて物を噛む動作は、上顎は頭蓋骨に固定されていて、下顎の関節の動きだけで物を噛むことが出来ます。 是を易経の立場から見ると、山雷頤と云う卦になり、震下艮上の卦となります。上卦の艮は山で止まる、下卦の震は動くで、二から四までの陰爻は歯列を表します。 ペ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/09 15:47
荒友薬局創業50周年記念セミナーへ参加しました。
荒友薬局創業50周年記念セミナーへ参加しました。 荒友薬局創業50周年記念セミナーへ参加しました。 10月29日、台風の接近で風雨が強くなる中、日立市久慈町の「サンピア日立」で荒友薬局の創業50周年記念セミナーが開催されました。姉は大学を卒業してすぐに結婚して薬局を開店して、相談薬局としてお客様の健康相談や体質改善などを主力として活動をしてきました。そのなかで体質改善を主目的とする医薬品メーカーや専門薬局の会などに参加して、「八面体質診断学」や朴庵漢方での傷寒論などを読み解きながら研鑚を重ねてきました。お客様との信頼関係も長年にわたって築き上... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/30 15:12
ひたち漢方研究会で喪失の漢方薬の話をしました。
ひたち漢方研究会で喪失の漢方薬の話をしました。 ひたち漢方研究会で喪失の漢方薬の話をしました。 アメリカの心理学者の研究からライフイベント法と云う人の一生の中で遭遇する様々な出来事をスケール化して、 配偶者との死別を100として様々な出来事を心理学的ダメージの点数化します。父母兄弟との死別が60台と若干少なめですが、これは欧米人と日本人との完成の差があるかもしれません。 そして、この喪失から寂しさ・不安・恐れ、などの感情が湧き起こって来て、身体に影響を与えます。 不安神経が過剰に動作すると腎気が傷られ命門の火などが消えそうに小さくなり... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/23 16:31
八面体質論詳解を買いました。
八面体質論詳解を買いました。 八面体質論詳解を買いました。 著者は「竹安輝高」先生です。八面体質診断学を書かれた、「竹田泰彦」先生の師匠です。 八面体質とは、人間の体質と人相を発生学的立場から、体格と体質と気質や性格などを八分類して、 それぞれの偏りを量り、体質補正のための自然薬や漢方薬を用いて治療の方向性を決めてゆく学問です。 竹田先生には40年以上の大昔に、県西の八千代村まで出かけて講義を聞いたりしました。 八面体質診断学の本は2セット所有しておりましたが、それ以前の八面体質の初期の考え方や、竹安先生の考え方も... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/20 17:52
方術の玉手箱其の四十三が出来ました。
方術の玉手箱其の四十三が出来ました。 方術の玉手箱其の四十三が出来ました。 禅洽に引き続き、内藤希哲の医経解惑論中の「下薬の五方を論ず」の後半の大柴胡湯と麻子仁丸です。 大柴胡湯は傷寒論中には、嘔逆と下痢と上焦へ向かう気と下焦へ向かう気の相反する気が接近していて胃中では痞と云う状態になっている時に、表裏双方向へ向けて治する、大変便利な方剤です。この大柴胡湯は煎じ薬で使用する時には条文の通りに使いますが、エキス散の場合には効き目がマイルドになるために、別の使い方が出てきます。 例えば、胆石症や、お腹ポッコリのデトックス剤や痩せる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/16 17:30
朴庵塾セミナーの講義に出かけました。
朴庵塾セミナーの講義に出かけました。 10月8日は、朴庵塾セミナーの講義に出かけました。 麹町の交差点では少年の銅像が釣竿を抱えて立っております。快晴の汗ばむ秋の日差しです。 会場の明治薬科大学の剛堂会館へ向かい、午後の講義のパワーポイントの手直しをして、準備万端です。 講義の始まりは、アドリブで最近の話題から、「レディガガ」さんが「繊維筋痛症」の痛みで長期休養を余儀なくされているとの話題から、「繊維筋痛症」の漢方のアプローチ法で、現代医学で原因不明と片付けられてしまうのは、目に見えないもの=気のせい、であり、気=ストレスが原... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/10 17:35
承気湯類と大柴胡湯の処方解説
承気湯類と大柴胡湯の処方解説 承気湯類と大柴胡湯の処方解説 承気湯は下法の聖薬なので合方や加味方などは使いません。一味の加減でも効力のバランスが大きく崩れてしまうからです。 四つの承気湯すべてに大黄が四両(4.0g)配合され、厚朴・枳実・芒硝・甘草などの配合変化で処方の顔を異にします。大承気湯・小承気湯・調胃承気湯の三承気湯は大黄が君薬に、桃核承気湯は桃仁が君薬となります。 江戸時代の漢方医の内藤希哲が著した「医経解惑論」中の「下薬の五方を論ず」によれば、大承気湯は邪気により生じた熱が胃腸の中にあって燥屎そうし(乾燥し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/28 14:46
方術の玉手箱其の四十二が出来ました。
方術の玉手箱其の四十二が出来ました。 方術の玉手箱其の四十二が出来ました。 今月号は三つの推陳致新と云う題で、神農本経には「推陳致新」と云う熟語が三ケ所出てきます。 神農本草経の上品じょうほんの朴消ぼくしょう・芒硝ぼうしょう(苦寒)と中品ちゅうほんの柴胡(苦平)と下品げほんの大黄(苦寒)です。 それぞれ本経の条文には、芒硝 本経 味苦寒、五臓の積熱せきねつ 胃の脹閉ちょうへいを主つかさどり、畜結ちくけつ・飲食いんしょくを滌去じょうきょし、陳ふるきを推おし新あたらしきを致まねき、邪気を除く。之を練りて膏こうの如くし久服すれば身を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/27 17:40
パーティー用カメラを買いました。
パーティー用カメラを買いました。 カメラを買いました。「LEICA SOFORT」ライカ・ゾフォートというインスタントカメラです。これはパーティー用です。最新のデジカメやiPhoneでも撮れますが、相手に渡すまで時間がかかります。画像をメールで添付しても、それでもアドレスを聞いたり時間がかかります。「SOFORT」とは「すぐに」と云うドイツ語です。アナログのオリジナルの写真が1枚相手に手渡すことが出来ます。このカメラはフジフィルムのOEMで中身は「チェキ INSTAX MINI90」です。ただデザインがライカでライカの赤丸のマー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/16 15:24
朴庵塾セミナーの講義に出かけました。
朴庵塾セミナーの講義に出かけました。 9月10日、朴庵塾セミナーの講義に出かけました。 午前中は六本木の新国立美術館で二科展の出品作を見てから、麹町の明治薬科大学付属の剛堂会館で、朴庵塾セミナーの初級クラス午後の部を講義しました。 生薬の解説で「石膏」「知母」「人参」で性状から選品、気味藥能から神農本経、薬徴、ボク曰、などを解説しながら、その生薬が配合された代表方剤の解説をしました。 石膏は気味が辛微寒で白色の石材なので白色は五行の金、気味の辛味も五行の金、五行の金は五藏の肺に配当されるので、石膏は肺気を軽く冷ます働きがありま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/12 17:44

続きを見る

トップへ

月別リンク

漢方薬剤師 荒川充洋の健康みみブクロ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる